その他

経理事務の仕事を「つまらない、辞めたい…」と感じる瞬間はどんなとき?

「経理事務の仕事がつまらない。転職したほうがいいのかな…」こんな悩みを抱えていませんか?

経理事務は会計ソフトへの入力作業などの単純作業が多いので、「つまらない、辞めたい…」と感じてしまう瞬間もあるかもしれません。

特に転職したばかりだと、任される仕事の種類もそんなに多くないですから、毎日同じ単純作業ばっかり…とうんざりしてしまっている人もおられるかもしれません。

今回は、経理事務の仕事をつまらないと感じてしまっている方向けに、その対策方法を紹介させていただきますね。

経理事務の仕事をつまらないと感じる理由

未経験で経理事務に転職すると、最初はわからないことばかりで大変ですよね。

しかし、仕事に慣れてくると、楽になる反面、慣れてしまってつまらなさを感じるようになります。

これは「言われたことだけやっていればいい」という意識が原因になってしまっている可能性があります。

最初は言われた通りのことを完璧にやることを目指しましょう。

それができるようになったら、今度は「この仕事は経理全体の仕事の中で、どういう意味があるのか」を考えながら取り組んでみると良いです。

例えば、会計ソフトへの入力作業…

例えば、日常の会計ソフトへの入力作業は、最終的には決算書を組み立てるための部品パーツのようなものです。

自分が入力した数字は、決算書のどこに影響するのか?といったことを考えながら入力作業をしてみると、より大きな視点で経理全体の仕事を見られるようになりますよ。

例えば、領収書などのファイリング…

また、証ひょう書類(経費の領収書や売上の請求書など)のファイリング作業は、後日の税務調査などの対策として行われていることも理解しておきましょう。

単純作業としてファイリングをやるのと、「外部のチェック者(税務署の職員など)からみて、どういうことが気になるだろうか?」ということを考えながらファイリングをやるのとでは仕事の質が全く違ってきます。

例えば、税務署の職員は経費の領収書を1個1個みていくというより、同じ種類の取引が、同じ経理処理のされ方をしているか(処理の継続性や一貫性)ということをとても気にします。

ですから、基本的には過去のファイリングの仕方をひきつぐのが大切ですが、効率的でないと感じている部分については「ここからは処理方法を変更しています」ということをしっかりと記録に残しておくことが大切になります。

また、税務署が最初にチェックしていくのは売上の計上漏れがないか?という点です(税額に大きな影響を与えるためです)

そのため、売上の請求書については会計ソフトとの照合をしっかりと行い、会計ソフトの入力内容をみたら、すぐにどこのどの請求書と対応しているのか?ということがわかりやすいようにしておく必要があります。

ファイリングをするのは自分でも、それをチェックする立場の「もう1人の自分がいる」とイメージしながら仕事をしてみると良いかもしれませんね。

これをやっていると上司から「これの書類はどこにあるかな?」とふいにたずねられたときにもすぐに出すことができます。

しっかりと与えられた仕事にとり組んでいることをアピールできれば、次の仕事へのステップアップにつながるでしょう。

業務と勉強のバランス

経理事務の仕事は、「勉強」をしていないとつまらなく感じるめずらしい仕事です。

会計入力などの単純作業だけでなく、決算や税務申告など仕事を任されるようになるには、会計や税務の知識が必要になります。

簿記資格を取得しても、実務では簿記以外の知識も必要になります。そのため、「せっかく簿記を勉強して転職したのに、大した仕事をさせてもらえない」とやる気をなくしてしまうのです。

最新の会計知識や税法を勉強すると、仕事内容の理解が深まり、任せてもらえる仕事も増えてくるでしょう。

経理事務の仕事を楽しくするためにできること

しかし、つまらない…と感じながら仕事をしていると、しらずしらずのうちに次につながるチャンスを逃している可能性もあります。

例えば、あなたの上司が、あなたが仕事をしている姿を見た時のことをイメージしてみてください。

あなたがつまらなそうに暗い顔で仕事をしているのと、いきいきしながら仕事をしているのでは「次はこの仕事を教えてあげよう」と思えるかどうかに大きな違いが出てくることが予想されますよね。

ここでは経理事務の仕事を楽しくするために具体的にできることについて紹介します。

社内の人とのコミュニケーションは積極的にした方が結局は楽

経理事務の仕事を楽しくするには、他部署の人を含め、社内の人と積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

会計入力など、黙々と作業してしまいがちな仕事が多いので、人と話をするだけでも気持ちが前向きになります。

また、経理事務の仕事にはコミュニケーション能力が必要ですし、周囲の人とうまく付き合える人は重宝されます。

積極的にコミュニケーションをとることで、同じ部署の人だけでなく、他部署の人からも頼りにされるなど、やりがいを感じることが多くなるはずです。

業務改善に取り組んでみると楽しくなる

経理事務の仕事を楽しくするもう一つの方法は、業務改善に取り組んでみることです。

経理事務の人は社歴が長い人が多く、今までやってきたからという理由で仕事のやり方を変えない人が多いのです。

保管不要な書類を印刷してファイリングするのをやめる、会計入力をシステムで自動化するなど、改善できることはあるのではないでしょうか。

改善できることはないか意識しながら仕事をするだけで、やらされる仕事が自らやる仕事に変わります。まずは小さな改善から取り組んでみるとよいでしょう。

まとめ

経理事務の仕事は単純作業が多く、慣れてくるとつまらなく感じるかもしれません。しかし、少し工夫するだけで楽しくなりますし、やりがいを感じながら仕事ができるようになります。

まずは、社内の人とのコミュニケーションと業務改善を意識して取り組んでみてください。きっと経理事務の仕事の魅力を再発見できるでしょう。

-その他

Copyright© 経理転職のQ&A , 2020 All Rights Reserved.