その他

経理未経験の男性が「経理経験者」として転職する2つの方法

「経理に転職してキャリアアップを目指してみたい。でも男性が未経験で経理職に採用されることってあるんだろうか…

こんな悩みや不安を抱えていませんか?

経理という仕事は実務経験がとても重要視されますから、未経験者に対して求人を出している企業はとても少ないというのが現実です(特に男性の場合は、女性よりも実務経験を重視される傾向にあります

ですが、あきらめることはありません。

経験者でないと採用されないなら、少しでも早く経験者になってしまえば良いのです。

転職活動で問われる「実務経験」というのは実はそれほど高いハードルではありません。

今回は男性(20代〜30代前半の方)が未経験から経理職に転職するための計画的なキャリアアップの方法について解説させていただきますので、参考にしてみてくださいね。

経理転職で未経験男性が採用されにくい理由

管理部門である経理は、営業のように直接利益を作り出す部署ではありません。

企業側は管理部門の人件費は少しでも抑えたいというのが本音であることは知っておきましょう。

また、経理の仕事は業務レベルが高くなると会計や税務の知識が必須になる一方で、会計入力などのルーティンワークの業務も多く発生します。

これらのルーティンワークは、誰でもある程度のトレーニングを積めばできる業務ですから、転勤のない一般職で女性を採用したり、育児が落ち着いた女性を低賃金で採用したりするパターンが多いのです。

高度な知識は管理職には必須ですが、ルーティンワークであれば、簿記2~3級程度の知識があれば十分なので最低限のお給料でも働いてくれる人が採用されやすいということですね。

それじゃやっぱり男性に経理は無理なの?

もちろん、「それならやっぱり男性に経理は無理なのか…」とあきらめる必要はまったくありません。

経理分野で転職面接をいくつか経験している方であればよくわかると思いますが、面接で経理部の管理職として対応してくれる面接官は基本的に男性ばかりですよね。

男性が経理転職を実現させるポイントは、単なる経理スタッフではなく、将来的には管理職として活躍できる人材だと企業に思ってもらう必要があるのです。

「経理経験者」として転職活動をするのがポイント

より具体的にいうと、男性の場合は「経理経験者」として転職活動を行うことが重要になります。

経理経験者としての転職活動になると、女性の転職希望者はぐっと少なくなるので、男性でも経理として採用される可能性が圧倒的に高くなるのです。

つまり、未経験者の経理求人では女性の転職希望者と競争しても勝てる見込みが小さいので、経理経験者の枠(わく)を狙って転職活動をする、ということですね。

「経理経験者」にはどうしたらなれる?

転職活動で「経理経験者」として扱ってもらうのは、実はまったくハードルが高くないことを知っておきましょう。

次の項目で経理経験者として転職活動を始めるための具体的な選択肢について解説させていただきますので、参考にしてみてくださいね。

経理未経験の男性が転職を成功させる現実的な2つのルート

男性の経理職希望者が転職を成功させるには、「経理経験者」として転職活動を行うことがポイント、という話を上でさせていただきました。

未経験者がいきなり中小企業〜大手企業の経理職を狙っても女性転職者との競争になってしまうのでうまくいかない、ということでしたよね。

ここからは男性が経理経験者に最短ルートでなる具体的な2つの方法について解説させていただきます。

具体的には、

 

  • 会計事務所正社員で経験を積む → 経理経験者として転職
  • 経理の派遣事務で経験を積む → 経理経験者として転職

 

この2つが現実的な選択肢になります(私は①を選択し、現在は中小企業経理の管理職として働いています)

以下、それぞれの選択肢について具体的に解説させていただきますね。

【選択肢①】会計事務所に正社員で入社→経理に転職

経理転職を成功させるために経験を積む選択肢の一つは、会計事務所に正社員として転職することです(私はこの方法で経理に転職することができました)

会計事務所というのは税理士の個人事務所のことで、税務や経理の事務を処理するスタッフを正社員で募集していることがとても多いのです。

税理士資格がなくてもまったく問題ありません。会計事務所で働いている人の8割以上が税理士資格のない人です)

会計事務所は一般企業の経理より男性職員が多いので、男性でも未経験から業務に慣れていきやすいというメリットもありますね。

デメリットは、良くも悪くも小さな組織(従業員数は5名〜20名程度です)ですから、所長税理士のワンマン経営であることが多いことですね。

会計事務所を選択する場合には、面接時に所長の雰囲気や言動、事務所全体の雰囲気を入念にチェックしておくことが大切です。

【選択肢②】経理事務の派遣で経験を積む→経理に転職

経験を積むもう一つのルートは、経理事務の派遣として経験を積むことです。

この方法のメリットは何よりも仕事につきやすいことです。

派遣には「今すぐ働き始めることができる人が欲しい」という企業の求人がたくさんあります。

派遣の経理事務なら今から1週間以内に働き始めることも可能ですから、収入を得ながら正社員の経理としてステップアップするための経験を積むことができるというわけですね。

経理事務の派遣は一般的な事務と違って時給が1500円〜といったように高時給なのも嬉しいところですね。

>>経理事務の派遣求人はこちらにたくさんあります

未経験者歓迎の求人も多く、正社員よりも経理に特化した仕事がしやすいので、経理としての実務経験が積みやすいのもメリットと言えます。

紹介予定派遣も利用しよう

さらに、派遣の場合は紹介予定派遣(6ヶ月間の派遣期間終了後に正社員に登用される求人案件)もあります。

派遣期間で経理の仕事が覚えられて、しかも正社員として働き始める前に職場の雰囲気や人間関係も把握しておけるので、メリットは非常に大きいです。

なお、紹介予定派遣で派遣登録すれば必ず正社員登用されるというわけではありません。

企業側としてはあくまでも「半年後に正社員にする候補となる人材」として紹介予定派遣を位置づけているので、派遣期間中にどれだけやる気を見せられるかが重要になります。

もちろん、派遣期間中に「やっぱりこの会社は合わないかも」と思った場合にはこちらから正社員としての登用は断ることも可能ですから、紹介予定派遣は「お試し期間」と考えておくと良いでしょう。

経理未経験でも転職を成功させられる自己PRの方法は?

経理未経験の方が転職活動で「困った…」となりやすいのが自己アピールですよね。

まだ仕事の経験がないのに、自己PRなんてどうやってやれば良いんだよ…」こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

確かに、未経験の方の場合は経理業務の実績をアピールするわけにはいきません。

しかし、今まで経験してきた別の仕事の実績はもちろん、仕事以外の適性面でもアピールできることはたくさんあります。

今回は、未経験者が経理への転職活動を成功させる自己PRの方法について、具体例をあげながら解説させていただきます。

まずは自分の経験の棚卸し(たなおろし)をしよう

自己アピールできる材料を見つけるために、まずは経験の棚卸しをしましょう。

仕事の実績や経理に興味をもったきっかけ、簿記の勉強など、経験したことを紙に書き出すと整理しやすくなります。

特に整理しておきたいのは、経理転職を目指す理由や、なんで経理の仕事に興味を持つようになったのか?の具体的な理由です。

あなたはあえて未経験から経理職を目指しているのですから、なんらかの形で経理職の仕事そのものに強い関心を持っているはずです。

もちろん、なんとなく…という人もいるでしょう。

しかし、面接では面接官を相手にしっかりと理屈立てて自分の興味や関心について話せないといけませんから、事前に自分の頭の中になんとなくあるアイデアのようなものを言語化しておくことはとても大切です。

面接では「なぜあえて未経験から経理の仕事を目指すのか?」や、「入社してどんなことをやりたいのか?」などは必ず聞かれますから、しっかりと準備をしておきましょう。

私の場合の自己PR(経理職への応募の場合)

私は営業から事務に職種が変わり、簿記を勉強したことがきっかけで、財務諸表の作成に携わりたいと思うようになりました。

財務諸表というのは1年間の企業の成績表としての側面があるほかに、経営者が経営判断を行うためのデータにもなります。

入社した後にはまずは月次決算や年次決算についてしっかりとできる業務をこなせるようになること、そして将来的には管理会計に基づいて経営に役立つデータを作成できる経理マンになりたい、ということを自己アピールに盛り込むと印象が良かったですね。

あなた自身の経理(数字を扱う仕事)への適性や、仕事に興味を持ったきっかけについてしっかり向き合い、自己PRの文章をねりあげておくことが大切です。

経理と関連性が強い業務経験のアピール

経理業務そのものの経験はなくても、経理との関連性が強い業務をした経験はアピール材料になります。

経理との関連性が高い業務というのは、例えば営業であれば「売掛金の回収で未入金の得意先には早めに対応していた」という業務が該当します。

事務職であれば「小口現金の管理をしていた」「期末に棚卸しをしたことがある」などの業務が経理との関連性が高いですね。

経理の採用が行う場合、企業側としては「自分が携わっている業務が会社の業績にどのように影響するのか」をきちんと理解している人に入社してもらいたいと思っています。

私は営業と物流事務の経験があったので、簿記を勉強して売掛金回収の大切さ、在庫管理と売上原価の関係が理解できたことを面接で伝えていました。

過去の実績は具体的な数字を使ってアピール

これまであなたが経験した仕事の実績を自己アピールに含める場合、具体的な数字を使って表現することが大切です。

単純に「営業成績がよかった」よりも「新規開拓を~件獲得した」、「前年対比~%アップの売上を達成した」のほうが、説得力があって相手も理解しやすくなりますね。

アルバイトのとりまとめ経験も強み

また、経理職というのはチームで働く仕事ですから、アルバイトの人などを管理したことがある経験でも武器になります。

管理職やプロジェクトリーダーの経験があればリーダーシップ、社内外で人と関わる機会があればコミュニケーション能力などもアピール材料になるでしょう。

この点、経理職員は数字を扱うので、事務処理能力や何かを調べるのは得意な人が多いのですが、リーダーシップやコミュニケーションは苦手な人が多いのです。

経理は他部署の業務内容を理解しておく必要がありますし、金融機関や会計士、税理士との付き合いもあります。

リーダーシップやコミュニケーション能力を発揮して行動できる人材は重宝されるので、自己PRにはしっかり盛り込むようにしましょう。

-その他

Copyright© 経理転職のQ&A , 2020 All Rights Reserved.