経理の仕事の悩み

【経理の将来性】今後は不安な職種?AI時代も生き残る人材とは?

経理 将来性

(経理の仕事の将来性は?)

  • 経理は将来性のある仕事といえる?
  • AI化で仕事が奪われるって本当?
  • つぶしがきく仕事とよく言われるけど、将来的にも安泰?

経理という仕事は、これまでは「つぶしの聞く職業」

「手に職をつけられて食いっぱぐれがない」と言われることの多かった職種です。

しかし、近年のAI化の波によってこの状況は大きく変わりつつあります。

(もちろん、経理という仕事そのものは無くならないとは思うのですが)

この記事では、これから経理として働き始める人が知っておくべき

「経理の将来性」について解説します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

【経理の将来性】AI化で仕事を奪われる?

経理 将来性

(将来のAI時代に生き残る経理になるには?)

 

さまざまな仕事・職業でAI化が進む中、

経理業務も例外ではありません。

結論から言えば、経理の仕事自体はなくならないにしても、

手を動かすだけの作業自体は少なくなっていくでしょう。

経理の仕事は仕訳や振込業務などの単純作業から、

開示、資金調達など幅広くありますが、これらの仕事も減りつつあるのが実情です。

会計ソフトはもちろん、売上や仕入など、

全国に支店があるような企業でも情報化によって瞬時にデータとして取得し会計と連携できます。

一昔前ならすべて手作業で行っていた業務は、

すべてPCで代替されるようになり、

マンパワーに頼っていた頃の経理業務からは劇的に変化しています。

そんな中で、今は経理の貴重な人材として働けていても、

今後も淘汰されずに生き残れるのかという不安を抱く人も多いでしょう。

今後も経理業務を続けたいという人は、

スキルや知識を身につけ、行動していかなければなりません。

AI時代も生き残る経理人材になる方法

AI時代にも生き残る経理になるには、

どうしたらいいでしょうか?

↓以下では、経理人材としての付加価値を高めていくポイントを解説します。

参考にしてみて下さい。

1. 会計情報を「使える」人材になろう

AI時代でも生き残れる経理人材になるためには、

まず単純作業を行うだけのステージから脱却しましょう。

経理のベテランとして今生き残っている人は、

絶対的な知識量を持っている人が多いはずです。

単に作業として仕訳をするのではなく、会計基準や諸々の税務知識を身につけ、

普段行っている処理が本当に正しいものかどうか判断できる力を養いましょう。

税理士や監査法人と意見交換・質疑応答ができるようになれば、

十分にベテランの経理といえます。

経理はどの会社でも必ずある職種なので、

たとえ転職する場合でもそのノウハウは転職先に活かせるものです。

いつ転職しても自分は大丈夫だという自信をつけられれば、

経理人材として今後も生き残れるでしょう。

2. 決算書を「作る」だけでなく「読む」力をつける

これからの経理は、決算で各資料を作り上げられるスキルを持っているのは当然の前提になります。

そのうえで、今後も経理として生き残れる確率を高めるのであれば、

決算書を「読む」力を身につけることです。

今後も利益の出そうな事業は何か、

利益率の高い商売はどのようなものか、

など経営的な視点で決算書や財務諸表を読んでいくと良いでしょう。

そうすると、今度は資料から過去の数字の分析だけではなく、

今後の予測もできるようになってきます。

さらにキャッシュ・フロー表も読めるようになると、

資金繰りを理解できるようになり、財務としての力も身に付きます。

ここまで来れば会社経営にもタッチできることになり、

経理業務にプラスアルファの価値を生み出すことができます。

そのような人材は貴重がられるため、

経理として今後も生き残れる確率は高まるでしょう。

3. 経理として生きるなら絶対に管理職を目指そう

ここまでは経理の実務面での生き残り方を説明しましたが、

実務だけをやっていてずっと生き残れるほど会社も甘くありません。

経理として会社の中で一生を過ごすつもりであれば、やはり管理職を目指すべきです。

経理課長や部長になれれば経理のキャリアとして一つの到達点ですし、

もし他社の経理への転職となっても非常に有利に働きます。

管理職を目指すには、やはり日々の積み重ねが重要ですが、

ただ漠然と業務をこなしているだけではそのスキルは身に付きません。

まずは、「経理業務」というものの全体像をイメージしながら日々の業務に取り組むと良いでしょう。

例えば、大企業の経理では「管理会計」「税務申告」「開示」というふうに、

最終的に会計がどのような目的で使われるのかを意識しましょう。

そのために必要な資料は何かということを考え、

普段の業務がその資料とどのように繋がっていくかを考えるのが重要です。

経理業務は自ら意欲的に勉強する人が上に上がっていく職種なので、

自分から積極的に決算業務に関わっていくようにするとスキルアップに繋がります。

また、後輩や後から転職で入社してきた人がいれば、教育係を買って出ましょう。

まずは一人でも部下となりえる人を見つけ、

教育や業務のコントロールをしていけば、

自ずとマネジメントの力も身についてきます。

実質的にマネジメントができていると判断されれば、

自然とリーダーやそれ以上のポジションに配置されるものです。

経理という職種であっても積極性をもって取り組むことが、

今後生き残るために大切なことです。

Sponsored Links

-経理の仕事の悩み

© 2022 経理転職のQ&A