経理の仕事の悩み

経理の仕事がつらい理由8個(これから未経験で転職する人必見)

経理 つらい

(経理の仕事がつらい・しんどいと感じる理由は?)

  • 経理の仕事がつらいと感じるのはどんなとき?
  • 未経験者には難しい?
  • ノルマはある?
  • 繁忙期の残業はどのぐらい?
  • 職場のコミュニケーションはどんな感じ?
  • 簿記資格がないと仕事にはついていけない?

この記事では、実際に経理の仕事をやっていて、

つらい・しんどと感じる瞬間を8個紹介します。

すでに経理として働いている人は

「そうそうあるある」と感じていただければと思います。

体験談投稿者

これから未経験で経理に転職する人は、

経理はこういう場面がしんどい…!を知っとくと

あらかじめ対策を立てられるのでメリットありますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

上場企業の経理職として8年間勤務後、ワークライフバランスを求めて外資企業の経理に転職。
係長として経理の現場仕事/新人さん教育などをやってます。

経理の仕事がつらいと感じる瞬間8個!

私は10年以上経理の仕事をやっていますが、

↓この仕事で「つらい」と感じるのは以下のような場面です。

1. 仕事が難しい・ついていけないのがつらい

経理の仕事は基本的に簿記のルールにしたがって動いています。

なので、まだ簿記の勉強が進んでいない人にはなかなか仕事の流れがつかめず、

「仕事が難しすぎてついていけない…」と感じる場面も多いかもしれません。

慣れていない人にとっては借方や貸方、

仕訳を切った後に試算表がどう動くか?

といったイメージはつかみにくいものです。

体験談投稿者

さらに経理の仕事では、

会計や簿記の知識に加えて、税金や社会保険の知識も必要になります。

経理として入社した後も勉強することが多く、

頭を使うことや勉強が嫌いな人にはつらい仕事と言えるかもしれません。

(逆にいうと、勉強が好きなタイプは続けやすいかも)

2. ミスが許されないのがつらい

経理は会社のお金を扱う仕事です。

なので、少しのミスが大きな問題になります。

経理では会社の従業員や、お客さんへの振込業務も担当するため、

1円でも間違いが許されない仕事です。

そのため、経理では「ミスがなくて当然」という風潮があります。

基本的にほめられるということがないため、

それがつらいと感じる人も多いかもしれませんね。

3. 個人の成果が見えないのがつらい

経理の仕事は、営業マンなどと違って「個人の成果や成績」が見えにくいです。

自分が頑張った分だけボーナスに反映されるなどは基本的にありません。

経理でも業務改善を提案したり、

金融機関との融資交渉なども担当するようになると、

個人の成果を評価されるケースもありますが、

これは経理としてかなりベテランにならないと難しいですね。

体験談投稿者

同じ経理部署でも「この人ちゃんと仕事してるのかな?」

みたいな人が自分とまったく同じ給料だったりするとやる気無くなりますよね。

(経理は従業員の給料振り込みとかもやるので、スタッフみんなの給与額を知っていたりする)

とにかくミスなく・期限までに業務を完璧にこなすことが求められる仕事です。

ミスがあると減点されるという評価方式のため、

つらいと感じる方も多いかもしれませんね。

4. 職場のコミュニケーションがつらい

経理はあまり人としゃべらなくて良い仕事と思われがちですが、

職場でのコミュニケーションは非常に重要です。

特に大企業では会計分野や入金、購買など経理部の中でも作業分担しています。

同じ部署のスタッフ同士で連携を取ることが重要です。

先輩や上司とウマが合わないと、

仕事そのものがつらいと感じることもあります。

5. 繁忙期の忙しさと残業がつらい

経理は月次決算の締め日近くや、

四半期・本決算期は繁忙期になります。

経理の仕事は毎月おおよその物量が決まっていますが、

それをマンパワーで押し切ろうとする会社がいまだに多いのが事実です。

残業や休日出勤が常態化している会社では、

会社もなかなか新しいスタッフを採用しません。

そうした環境から、経理の繁忙期は忙しく、

会社によっては残業が多いのがつらいところです。

6. 毎月締め切りに追われるのがつらい

経理にはノルマはありませんが、

代わりに毎月の締め切り日があります。

私が経験したところでいうと、

上場IT企業では月初から5営業日目が締め日でした。

その後に転職した社員数50名の中小企業では、

月初から10営業日目と締め日が決まっています。

体験談投稿者

この期間で各取引先からの請求書をすべて集める必要があり、

取引先によっては催促が必要なところもあります。

また社内でも経費精算を締め切ったり、

売上のデータを確定するなど他部署との連携も必須になります。

特に中小企業では締め日を意識しない社員も多く、

経理から依頼して書類や領収書を出してもらうことも必要です。

こういった地道かつ締め日に追われる作業はストレスが大きく、つらいと感じる瞬間です。

7. 単純作業の繰り返しがつらい

経理の仕事は、基本的に毎年・毎月同じルーティン作業の繰り返しです。

上でもみたように、期限までにミスなく仕事をこなすことが経理の至上命題なんですね。

経理の仕事は法律で期限や処理ルールが決まっていますから、

よほど大きな法改正がない限りは仕事内容も変わりません。

体験談投稿者

逆にいうと、一度仕事に慣れてしまえばあとは繰り返しですから、

仕事の難易度は低いと感じられるようになります。

経理も業務改善などのアイデアを出すことはありますが、

基本的に何か新しいものを開発したり、

作り出すという仕事ではありません。

営業で仕事を取ってくるということもないですし、

仕事を通じて新しい人と出会うこともあまりありません。

単純作業の繰り返しのため人によっては経理がつらいと感じます。

事務作業ばかりで仕事としての華がないのも確かです。

8. パソコンスキルが必要でつらい

経理の仕事は、簿記の知識はもちろんですがパソコンのスキルもかなり要求されます。

現状、経理はどこの会社でも会計ソフトを使った業務が基本です。

簿記の勉強では手書きの帳簿をつけている…

みたいなイメージで教科書に書いてますが、

手書きの帳簿とかはまともな会社ではほぼ存在しないですね。

体験談投稿者

特に中小企業では売掛金・買掛金の管理や経費精算なども、

エクセルを使用している企業が大半です。

消費税の計算や前月からの繰り越し、

得意先ごとの集計など、SUM関数やVLOOKUP関数などの基本的な関数が多用されます。

これらを理解していないとどのように数字が上がってくるのか理解できず、

仕事にならないこともしばしばです。

パソコンをある程度自由に使える人でないと経理の仕事はつらいかもしれませんね。

Sponsored Links

-経理の仕事の悩み

© 2022 経理転職のQ&A