経理の転職活動

簿記2級は転職に有利って本当?未経験で経理に正社員就職できる?

簿記2級 転職

(簿記2級を持っていたら経理への未経験転職は有利?)

  • 簿記2級持ってたら転職に有利?
  • 未経験で経理に転職するなら簿記2級ぐらいは持ってないとダメ?
  • 簿記は今後は必要なくなるって本当?今から勉強する価値ってある?

経理に転職する場合「簿記2級は必須!」とか言われることって多いですよね。

ただ、実際に経理として働いてる人間として言わせてもらうと、

簿記2級持ってなくても普通に未経験で経理に転職することは可能です。

中小企業ってほとんどの会社が

新人を採用しようと必死に頑張ってるけど、

なかなか人が集まらない…

↑って苦しんでるのが実情ですからね。

(なお、日本の会社の99%以上は中小企業です)

体験談投稿者

簿記2級持ってなかったら即不採用!(足切り)

↑こういうぜいたくな採用やれる会社って、

応募者がわんさかいるよほどの大企業だけだと思いますよ。

以下では、経理の未経験採用の実態について、

経理管理職として採用活動を実際に担当している者として解説します。

ネットの口コミにはデマもめっちゃ多いので気をつけて下さいね。

(簿記2級ぐらいないと経理なんて無理www ←こんなん完全に嘘ですよ)

「実務未経験ですが、日商簿記2級持ってます!」←現場の本当の評価は?

簿記2級 転職

(「簿記2級合格者」の経理現場でのリアルな評価は?)

 

冒頭でも見たように、経理への転職というと

日商簿記2級ぐらいは持っておくべき!と思っている方が多いでしょう。

実際、日商簿記2級に合格していれば、

最低限の経理知識はあるものとして

採用する企業側が評価してくれるのは間違いありません。

しかしその一方で、

実際の経理の現場では簿記2級どころか、

3級も取得していない人であっても、

経理スタッフとしてバリバリ活躍している…

みたいなことって珍しくありません。

経理って資格の有無よりも、

実務経験を積むことがなによりも重要なんです。

たとえば、

  • 簿記2級持ってるけど実務は未経験の人
  • 簿記は持っていない実務経験者(半年程度)

↑この2人が1つの求人に応募したとしたら、

採用で残るのは高確率で後者です。

良くも悪くも、経理という仕事は実務経験がもっとも重要視されるのです。

簿記2級がなくても経理に正社員採用される

特に転職の求人要項では、簿記2級合格者が求められることが多いです。

実務未経験の人でも、簿記2級があれば比較的経理職には採用されやすいです。

企業としては、実務経験があるうえで簿記2級を取得している人を採用したいのが本音です。

しかし、中小企業ではそういった人材が応募してくることは極めて少ないのです。

そういった人材は会社でも上の職位に上がっていくことが多く、

あまり転職ということを考えないんですね。

ある程度企業で働いた経験があり、

簿記2級を持っていれば経理でもやっていけるだろうという感じで、

簿記2級を要項に書いているのです。

必ずしも簿記2級には合格していなくとも、

転職の際に勉強していることをアピールできれば、

経理志望者としては充分で採用される可能性もあります。

採用面接で「簿記2級は持っていないのですか?」と聞かれたら

募集要項もさることながら、

経理の採用面接では必ずといっていいほど簿記2級について触れられます。

面接時点では合格していなくとも、

「今勉強中で、次回の合格に向けて勉強中です」

というふうに答えておけば、

未経験者の採用面接ではまず問題になることはありません。

資格よりも実務優先とはいえ、

経理としては簿記2級は最低限持っているという認識の人は多いのです。

実務未経験者は少しでも早くキャリアをスタートすべし

ここまで解説したとおり、経理においてはなによりも実務経験が優先されます。

また、転職市場においてはスキルの高さよりも、若さが優先される傾向にあります。

35歳が未経験の業界への転職の限界とも言われるのもそのためです。

将来的に経理への転職を考えている人は、

少しでも早く経理に関わる部署で経験を積み、

同時に簿記2級の勉強もしていくというスタンスをとりましょう。

社内での異動制度などがあれば、それも積極的に活用してください。

未経験者は経理としてのキャリアを早めに積んでいくことが大切ですよ。

Sponsored Links

-経理の転職活動

© 2022 経理転職のQ&A