その他

未経験から経理の仕事で一人前になるために必要なこと

「未経験から経理で一人前になるために必要なことって何だろう…」こんな疑問を抱えていませんか?

どんな仕事でも一人前になるには時間がかかるものですよね。

経理の仕事で一人前になるには、まずは入社当初に任される仕事をしっかりとこなせるようになることが大切です。

基本的な仕事がこなせるようになると、少しずつ重要な仕事も任せてもらえるようになるからです。

今回は、未経験から経理を目指す方向けに、入社当初に任される仕事や一人前になるために必要なことを説明させていただきます。

入社当初に意識して取り組むこと

ここでは、入社当初に任される仕事内容や意識して取り組むことをお伝えします。

一人前になるために、まずは任された仕事をこなせるようになることを目指しましょう。

入社当初に任される仕事をこなせるようになる

入社当初は、仕訳伝票の会計入力や、金額や勘定科目などの入力内容に間違いがないかを確認する業務を任されます。

最初は慣れない作業でとまどうかもしれませんが、簿記の勉強をしている人なら大丈夫です。

なぜなら、勉強した内容がそのまま仕事になっているからです。

たとえば、取引先から普通預金に売掛金10,000円の入金があれば、「普通預金10,000/売掛金10,000」という仕訳伝票を作成して会計ソフトに入力します。

勘定科目名や入力方法は会社によって違いますが、簿記を勉強していれば十分に対応できる内容ですよ。

会社の事業内容を理解する

入社当初は、会社の事業内容を理解することに取り組むのも大切です。

事業内容が理解できると、経理の仕事がスムーズにこなせるようになるからです。

たとえば、仕訳伝票を作成する仕事であれば、その取引内容を理解していないと勘定科目を間違えてしまうかもしれません。

また、実務では仕訳伝票の摘要欄に「A株式会社 売掛金入金」のように、取引内容を記入する必要があるんです。

最初は覚えることが多くて大変ですが、意識して会社の事業内容を理解することに取り組んでみてください。

経理業務の一通りの流れを理解する

入社当初に任される仕事がこなせるようになったら、次は経理業務の一通りの流れを理解しましょう。

経理の仕事には月単位、年単位でこなすべき仕事があり、一通りの流れが理解できていないと計画的に仕事ができません。

決算業務、税務申告業務

入社当初に任された仕事がこなせるようになったら、少しずつ決算業務や税務申告業務を任されるようになります。

決算業務は決算整理を行って決算書を作成する業務、税務申告業務は決算をもとに法人税や消費税などの税務申告を行う業務です。

決算業務では減価償却費の計算などの決算整理仕訳を行いますが、その一つひとつに根拠となる資料を作成しなくてはいけません。

また、税務申告は簿記とは違った知識が求められ、税金の計算方法を一から勉強する必要があるんです。

専門知識が求められる会社にとって重要な仕事で、決算や税務申告がこなせるようになれば、経理として一人前だと認めてもらえるでしょう。

マネジメント経験でステップアップ

経理の仕事でさらにステップアップするには、マネジメント経験も必要です。

ここでいうマネジメント経験とは、管理職になることではなく、チームリーダーとして業務をまとめる役割をいいます。

たとえば、 売掛金の入金管理を自分を含めた3人で担当しているとしましょう。

チームリーダーは、他の2人の仕事の進捗を確認して指示を出したり、うまくいかないことがあれば相談に乗って、必要な場合は上司に相談するなどの役割をこなします。

業務の流れが理解できていないとチームリーダーにはなれません。

マネジメント経験があれば、将来は管理職としての活躍が期待されるようになるでしょう。

経理の仕事で一人前になるために、まずは入社当初に任される仕事をこなせるようになることを目指しましょう。

任された仕事を丁寧にこなしていると、少しずつ重要な仕事も任せてもらえるようになります。

そして、決算業務や税務申告業務を経験し、経理業務の流れが一通り理解できれば、経理として一人前といえるでしょう。

経理事務の仕事内容で「銀行業務」ってどんなことをするの?

経理事務の仕事のひとつに銀行業務があります。

銀行に行ったことがないという人はいないと思いますが、「経理で行う銀行業務」と言われてもなかなか具体的な仕事内容をイメージできない方が多いかもしれませんね。

経理事務の仕事で行う銀行業務というのは、会社のお金を銀行に預けたり、取引先に対して銀行振り込みを行うことがメインになります。

また、会社は銀行からお金を借りて企業活動に使うというかたちで活動していますから、「いかにスムーズに銀行からお金を借りるか(資金調達)」ということも経理担当者にとってとても重要な業務になります。

というのも、銀行との取引がうまくいかなくなると、企業の存続そのものが危うくなる(つまり倒産につながる)ということもありうるからです。

もちろん、銀行の融資担当者とのやり取りまで任せられるのは経理でもかなりの経験者だけです(最初からいきなりこのような重要な仕事を任されることは普通はありません)

最初のうちは銀行振り込みなどの業務が経理事務として行う銀行業務のメインということになりますね。

今回は未経験から経理事務への転職を目指す方向けに、銀行業務の仕事内容を説明させていただきます。

日々の銀行業務

日々の銀行業務は窓口に出向くものとインターネットバンキングを利用するものがあります。

①窓口に出向く銀行業務

銀行の窓口に出向くものには現金や小切手の預入、手形の取立依頼などがあります。

経理には得意先から集金した現金や小切手が担当営業員から届けられたり、得意先から受取手形が郵送されてきます。

この現金や小切手、受取手形を銀行に持ち込み、会社の口座に入金してもらいます。

入社当初は先輩社員と一緒に同行し、慣れてくると少しずつ任されるようになります。

②インターネットバンキングを使った銀行業務

売掛金や経費、給与の振込も銀行業務ですが、多くの会社ではインターネットバンキングを利用して行います。

通常は担当者が振込データを作成し、管理職がそのデータを確認して振込完了となります。

買掛金の入金確認や帳簿と預金との照合も銀行業務のひとつです。

どの仕入先からの入金かを確認して消込したり、帳簿と預金の残高が合っているかを確認します。

入金を確認する仕事は振込よりもミスの影響が少ないので、入社当初に任されやすい仕事です。

取引銀行との関係づくり

経理事務の銀行業務では、取引銀行との関係づくりが大切です。

多くの企業は銀行からの融資で事業が成り立っているからです。

担当営業員との関係づくり

経理事務の銀行業務において、取引銀行の担当営業員との関係づくりはとても重要です。

多くの企業は銀行からの融資で事業が成り立っているため、銀行との交渉が失敗すると資金繰りが苦しくなり、倒産につながるからです。

そのため、銀行との融資交渉の窓口である担当営業員との関係はとても重要なのです。

私が銀行対応をしていたときは、定期的に訪問して業績の説明をしたり、担当営業員の上司も含めて地方にある工場見学への案内なども行っていました。

依頼資料の作成、提出

銀行から継続して融資してもらうためには、銀行に融資しても大丈夫な会社であると認めてもらう必要があります。

そのため、担当営業員から資料提出を求められることがよくあります。

決算書や税務申告書であればそのまま提出できますが、依頼内容によってはその都度作成しなくてはいけません。

会社の業績が悪いと依頼が多くなる傾向にあり、リーマンショックで業績が悪くなったときには何度も資料の依頼が来て、連日対応に追われたことがありました。

まとめ

経理事務の銀行業務では、入社当初は銀行窓口での現金や小切手の預入、入金確認など、基本的な業務を任されることがほとんどです。

少しずつ経験を積んで評価されれば、やがて取引銀行の担当営業員との交渉役に抜擢されることになるでしょう。

経理事務は黙々と事務作業をやるだけでなく、コミュニケーション能力が重要な仕事であることを理解しておくことが大切です。

経理事務への転職活動にぜひお役立てください。

-その他

Copyright© 経理転職のQ&A , 2020 All Rights Reserved.