その他

経理事務の仕事は人間関係が重要?コミュ障でも大丈夫?

経理事務の仕事に「黙々(もくもく)と作業する仕事なので、あまり人と関わらない」というイメージを持っている方も多いかもしれません。

ひょっとしたら、「自分はコミュ障ぎみだから、黙々(もくもく)と作業できる経理の仕事ならやれるかも…」というように考えている方もおられるかもしれませんね。

しかし、実際は経理事務の仕事は人間関係がとても重要な仕事です。

実際に働いてみると経理事務として働いている人はおとなしい雰囲気の人が多いのも事実ですが、最低限のコミュニケーション能力がないと経理事務の仕事は苦労するかもしれません。

経理事務に転職を目指す前に、人間関係が大切である理由を理解しておくことが大切です。

今回は、未経験から経理事務に転職を目指す方向けに、経理事務の仕事にスムーズに慣れていくためのポイントについて解説させていただきます。

経理事務の仕事に人間関係が重要な理由

経理事務の仕事は、基本的にチームプレイの仕事です。

経理事務の仕事は「自分の作業だけで完結する仕事」というものは少ないのが実際のところなのです。

そのため、社内の人とのコミュニケーションが不可欠になります。

人間関係がうまくいかないと自分の仕事が思うように進められず、お互いに不満が溜まって、ますます雰囲気が悪くなる悪循環が起こります。

私が在籍した職場でも「AさんとBさんはうまくいかないから気を付けて…」と助言され、気まずい雰囲気の中仕事をしたことがありました。

他の人の仕事を待って処理しなければいけない仕事もありますし、自分の仕事が終わらないと、他の人が仕事を進められない仕事も多いのです。

他部署の人との人間関係も大切

また、他部署の人(経理部以外の人)との協力も大切です。

例えば、経理では金融機関に取引内容を説明するために資料を提出することがありますが、その場合には他部署の人に資料提出をお願いすることもあります。

接待交際費や交通費などの経費はすべての部署の人たちが関わってきますから、期限までに資料を出してくれないと経理の仕事は進みません。

こういうことには日頃からのコミュニケーションがとても大切になるのです。

普段から仲の良い社内の人と、まったく関係性がない人とでは、「あの人の仕事に迷惑をかけないように、期限までにきちんとやってあげよう」という意識がまったく変わってきます。

デスクワークが多く、社内にいる時間が長い

経理事務の仕事はデスクワークが多く、社内にいる時間が長いのが特徴です。

銀行などへの外出も時々ありますが、基本的には1日中社内で仕事をすることになります。

そのため、社内の人間関係が悪いと、常にストレスを感じながら仕事をすることになってしまいます。

仲の悪い相手と一日中顔を合わせないといけない…というのは大変なストレスになりますよね(私も経験がありますが…)

私が勤務していた会社の同僚で、うつになって退職した人が数人いましたが、ほとんどが職場の人間関係が原因でした。

会社員として働くうえで人間関係が大事なのは当たり前ですが、経理事務はデスクワークが多く、一人になれる時間が少ないので特に人間関係が重要になります。

社内に仲間を作ることを意識する

経理事務の仕事をストレスなくこなすにはどうしたら良いのか?ということについて考えてみましょう。

経理事務の仕事を気持ちよくやるためには、社内の人とのコミュニケーションを意識的かつ積極的に行うのが基本になります。

コミュニケーション能力が、コミュ障が…と複雑に考える必要はありません。

経理の仕事を選ぶ人は基本的におとなしく内向的な人が多いですから、相手も「どうしたらコミュニケーションを上手にとれるのか…」と悩んでいるものです。

相手も同じ悩みを持っているわけですから、「仲間をつくる」という意識で取り組むと良いです。

他部署の人とコミュニケーションをとるコツ

また、社内に仲間を作るためには、同じ部署の人だけでなく、他部署の人とも積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

経理には仕事の相談などで他部署の人がよく訪れます。

他部署の人たちというのは、「経理部」というものにある種のイメージを持っていることが多いです。

例えば、数字にうるさい、細かいルールに従わないとダメだしをする人が多い、基本的にあまり人付き合いが得意でない人が多い…などです。

これは逆にいうと、もたれているイメージを超える対応をするのはそれほど難しくないということでもあります。

笑顔であいさつをする、相談されたら丁寧に対応する、それだけでも「この人は経理なのに意外といい人だな」と思ってもらえるものです。

(ほんとにそんなことで?と思われるかもしれませんが、10年以上いろんなところで経理の仕事をやっている人間として言わせていただくと、「これホント」です)

たったこれだけのことで、自然と話せる人が増えていきます。

また、他部署の人から飲み会に誘われることがあれば、参加するとよいでしょう。

仕事以外の場で話をすると、お互いにどんな人か理解できます。

仲良くなれば、仕事でも協力し合える関係が築けるはずです。

自分の意見を言うことも大切

仲良くすることは大切ですが、時には自分の意見を言うことも大切です。

相手の要求をただ受け入れているだけでは、「無理なお願いを聞いてくれる人」になってしまい、都合よく使われるだけですから注意しましょう。

相手の依頼に対して改善してほしいことがあれば、理由をしっかりと伝えたうえで具体的な改善策を提案し、「大変お手数なのですが、次回からはこの点にご注意いただきたいです」とお願いしてみると良いです。

また、自分には難しいことであればきちんと断るのも大切です。

経理にはお金に関する情報が集中していますから、経費清算や営業マンからの受注条件など、さまざまな要件で「お願い」をされることがありますが、経理として破ってはいけないルールがあることをきちんと説明すればわかってもらえることがほとんどです。

無理なく仕事をするためにも、必要なときには自分の意見を伝えるようにしましょう。

まとめ

経理事務の仕事は人間関係が重要です。

黙々(もくもく)と自分だけでこなす仕事ではなく、仲間の協力が不可欠な、チームプレイであるというイメージを持っておきましょう。

難しく考える必要はありません。

一人ひとりと丁寧に接していれば、自然と仲良くなります。

スムーズに仕事を進めるには、社内に仲間を作らないとやっていけないというのはどんな仕事でも同じです。

人間関係というのは本来楽しいものですから、同じ会社の人間として仲良くやっていく、という気持ちで日頃の業務に取り組むとよいでしょう。

-その他

© 2020 経理男子のキャリア戦略