その他

経理経験なしでも経理職に転職できますか?

ハローワークなどで経理の求人を見ていると、「経理、総務の経験が5年以上ある方」や、「会計ソフトを使った経理事務の経験がある方」といったように募集条件が決められていることが多いですよね(お給料の高い求人ほど経験が必要)

「経験なしでもOK」という求人も少なからずあるものの、お給料がものすごく安かったり、いざ求人に応募して見たら激戦区になっていて面接もしてもらえない…ということはとても多いと思います。

経理に転職するには実務経験がとても重要視されますから、まだ経験なしの方は転職活動をの仕方を少し工夫する必要があります。

最初から正攻法で行こうとするとどうしても系経験者の人たちとライバル関係になってしまいますから、ライバルとバッティングしない形で転職活動を進めていく必要があるということですね。

ここでは、経理未経験の方向けに、未経験から経理職への転職を成功させる具体的なステップについて解説させていただきます。

経理への転職は、未経験は非常に厳しいのが現状

経理職は実務経験のある人が優遇される職種です。

そのため、経理経験なしの方が転職活動を行う際には、次の2つのポイントを押さえておいてください。

 

  • ①経験者とライバル関係にならない求人を選ぶ
  • ②少しでも早く「経験者」になること

 

以下でこれら2つのポイントについて順番に解説します。

①経験者とライバル関係にならない求人を選ぶ

上でも説明させていただきましたが、経理職は経験者が優遇されやすい職種です。

そのため、1つの求人に対して経験者と未経験者の2人が応募したと言うような状況では、高い確率で未経験者は不採用となってしまいます。

これを避けるためには、経験者が応募することが少ない求人を選んで応募することが大切です。

強いライバルがいないところを狙って戦うというわけですね。

未経験者でも狙いやすい求人としては、経理事務の派遣スタッフ、会計事務所の正社員の2つが挙げられます。

男性の場合は特に会計事務所の正社員スタッフは狙いやすいところと言えます(職員のほとんどが男性だからです)

>>会計事務所の正社員求人はこちら

②少しでも早く「経験者」になること

経理の仕事では経験者が優遇されると言う話を何度かさせていただいていますが、視点を変えれば、あなた自身が経験者になってしまえば、転職活動を極めて進めやすくなると言うことでもあります。

「経理の実務経験者」というと何だかハードルが高そうですが、実はそうでもないと言うのが実際のところです。

例えば、経理事務の派遣スタッフを半年やったと言う経験でもじゅうぶん経理経験者として認められるでしょう。

会計事務所のスタッフならば決算についての経験も多く積むことができますから、こちらも半年程度の経験があるといことであれば経理実務経験者として扱ってもらえる可能性が高いです。

転職エージェントを使うべき人

経験なしから経理職への転職を目指す方は、上で解説させていただいたようなポイントに注意するのに加えて、転職エージェントを上手に活用することも検討しましょう。

もちろん、求人チラシやハローワークからの応募でも転職活動がうまく行く場合もありますが、次のようなケースでは転職エージェントを使うことでさらに転職成功の確率をあげることができるでしょう。

①ケース1:ブランク期間をできるだけ作りたくない

現在も在職中で、勤務先を退職せずに転職活動を始める予定の方は、スケジュール管理を効率的に行う必要があります。

面接の日程調整や、応募書類の作成などは仕事をしながら行うとなるとなかなか負担が大きくなるものです。

転職エージェントを通じて応募すると、エージェントが企業側の人事担当者とスケジュール調整を柔軟に行ってくれる他、応募書類の添削もしてもらえるのでメリットが大きいですよ。

自分の経歴から考えて、転職活動が成功しやすい求人がどれかなどもアドバイスしてもらえるので、在職中で効率的に転職活動を行う必要がある方は転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェント経由なら、ネット上やその他の媒体では公開されていない非公開求人にも応募できるようになります(非公開求人にはハローワークからは応募できません)

非公開求人の中には、未経験者でも転職ができる求人案件が含まれている可能性が高いです。

自分では探せない求人内容も、転職エージェントの組織力を活用することで、見つけ出すことが可能になるというわけですね。

その他、転職エージェントは企業ごとに連絡をしてもいい時間帯や、メールでのやり取り希望など、細かな配慮行ってくれますよ。

>>おすすめの転職エージェントはこちら

ケース2:年収交渉が苦手な人

年収をアップするために転職活動を始めると言う人も少なくないでしょう。

年収をアップさせるなら、面接時には自分の希望する年収を明確に伝えておきたいところです。

ただ、営業経験がないと言う方や転職面接ではどうしても緊張してしまうと言う方は、自分の希望の年収を伝えるのが難しいと言うこともあるでしょう。

そのような場合には、転職エージェントに自分の希望の年収を事前に伝えておき、その条件にあう求人だけを紹介してもらうようにすれば良いです。

また、面接に同行してくれる転職エージェントもいますから、人事担当者に転職エージェントの口から希望年収について伝えてもらうというのも一つの手です。

自分で自分のお給料の金額について希望をのべるとカドが経つけれど、第三者を経由して伝えれば丸くおさまるということはよくあることです。

せっかく転職するなら絶対に今の職場よりも高い給料をもらえるようにしたい!と考えている方は、転職エージェントによる年収交渉の代行を上手に使うようにしましょう。

転職活動は孤独なものです。

未経験職種への転職となれば、更に精神的苦痛があるかもしれません。

そんな孤独な戦いの味方になってくれるのが転職エージェントです。

色々な悩みや相談に応じてくれるので、自分の情報が周囲にばれることなく安心できる転職の良きパートナーといえるでしょう。

経理の仕事内容は男性と女性で違う?

実際に経理に転職してから、男性と女性でどういう仕事内容の違いがあるのか?が気になっている方も多いと思います。

男女平等というのはタテマエ上はそりゃそうなんですが、実際の現場では男性と女性でなんとなく違う種類の仕事を担当している…というのはどこの職場でもよくあることですよね。

実際、経理の仕事は会計ソフトの入力だけではなく、担当する仕事内容はかなり幅広いです。

特に将来管理職として活躍が期待される男性社員の場合、面接を有利に進めるためにも、仕事内容を理解しておくことは大切ですね(採用面接に出てくる管理職の人は多くの場合は男性です)

今回は、男性社員が担当することの多い経理の仕事内容についてお伝えします。

経理の管理職には男性がなるケースが圧倒的に多い

入社してしばらくは、伝票を確認しながら会計入力する(会社の日々の行動を、会計的にどういう意味があるのか?を考えて会計ソフトに記録していく作業)などのルーティンワークがほとんどです。

しかし、ある程度の経験年数(3年〜5年程度)がたってくると、各人の作業の進捗管理や取りまとめなどを任されることもあります。

女性が活躍している会社もありますが、多くの会社ではその役割を男性が担っているのが現状です。

なぜそうなるかというと、経理という仕事は内部情報的な側面が強い仕事ですから、入社してから年数が経っていて「この人は信頼できる」というレベルにならないと重要な情報にタッチできないという性質があるからなんです。

経理には「やばいデータ」がいろいろ回ってくる

たとえば、経理には従業員すべてのお給料のデータや、役員の人たちが使った接待費のデータなんかも集まってきます(中には外に出るとやばいデータなんかもあります)

こういうデータは機密性が極めて高いですから、入社してすぐの人たちや、人事異動してきたばかりという人には見せられないのが実際のところなんです。

そうなると女性の場合は結婚や出産育児に際して退職するケースが多いですから、機密性が高い仕事を任せられるぐらいに勤続年数が長いのは男性スタッフだけ…となりやすいんですよね。

男性が経理で採用されるのは、部署のリーダーや管理職候補としての活躍を期待されていることを理解しておきましょう。

男性社員が実際に担当する経理の仕事内容

ある程度の経験年数を経て、管理職候補となった男性社員に求められる経理の仕事内容としては、①決算業務とそれに付随する税務申告業務、②金融機関対応などがあります。

①決算業務とそれに付随する税務申告業務

1年間の会計入力データをもとに決算整理をし、決算書を作成するのが決算業務です。

そして、作成した決算書をもとに法人税や消費税、事業税など税務申告書を作成して納税するのが税務申告業務です。

税務申告業務については会計事務所(顧問税理士の事務所です)にお願いしている会社もあります。

その場合でも、基本的なデータ作成は会社が行う必要がありますから、経理社員としては決算の内容を理解しておく必要があります。

これにははっきりいって高度な知識が求められます(法人税法や消費税法は慣れるまではかなり難解に感じると思います)

決算内容が妥当なのか会計士や税理士と話し合うこともあり、私も何度も説明を求められた経験がありますね。

経理の管理職を目指すなら、簿記の勉強に加えて税法の勉強も必要になることは知っておきましょう(それがキャリアアップにつながります)

②金融機関対応

銀行などの金融機関の担当者の対応も、経理の重要な仕事です。

当たり前ですが、会社というものはお金がなくなると倒産してしまいます。

ほとんどの企業では銀行からお金を借りて日々の活動を行なっており、追加の資金が必要になった時に備えて銀行の営業マンと普段から関係を築いているのです。

接待などはあんまりない

ただし、銀行の営業マンというのは企業との癒着関係になるのを避けますから、接待とかはあんまりないです。

「関係を築く」というのは普段から試算表などを示して会社の状況を説明し、「この会社は大丈夫そうだ」と思ってもらうように努力するといったようなことを指します。

銀行の担当者から資料の提出依頼があれば対応する必要がありますし、決算内容や事業内容についても細かく説明しなくてはいけません。

私が経理管理職として働いていたときは、毎月のように銀行に出向き、担当者やその上司と面会していました。

③親会社や取引先との関係

自分の属する企業が大手企業のグループ企業となっているような場合には、親会社の関係者に対して自社の状況を適切に説明することも経理の仕事です。

グループとなっている会社は、最終的に一つの決算書(連結決算書類)を作成しなくてはなりませんから、お互いに連携をとることが必須なのです。

また、新規の取引先や大口の取引先との関係を維持するために、自社の業績の状況などについて簡単な説明を行うようなケースもありますね。

こういった経理の重要な仕事を担当するのは、ほとんどの場合で経験年数が5年を超えるような長い社員(たいていは男性社員)です。

男性社員には管理職として、会社の決算内容や事業内容を正しく理解し、外部の利害関係者(銀行や取引先)に説明することが求められるのです。

専門知識とコミュニケーション能力のバランスが必要

幹部候補となる経理の男性社員には、高度な専門知識(まだない人はこれから仕事を通して学んでいく意欲)と、コミュニケーション能力の両方が必要です。

高度な専門知識というのはいうまでもなく会計や税法についての知識のことですね。

簿記試験の勉強をすでに始めている人は、ぜひ1級まで取る気持ちで頑張ってみるといいですね。

>>私が実際に使った簿記1級講座(無料で資料請求できます)

経理に求められるコミュニケーション能力とは

一方で、コミュニケーション能力については、社内スタッフのとりまとめができることと、会社の状況を外部の人間に説明して交渉できることが求められます。

経理というと電卓にむかって黙々と仕事をしているイメージがあるかもしれませんが、まったくそれだけではないんです。

これら2つの能力(専門知識とコミュニケーション能力)を高めるには、仕事のやり方を工夫することと、知識を得るために勉強することが大切です。

私が経理スタッフだった時には、上司が決算説明などで外出するときは、お願いして同行させてもらうようにしていました。

また、積極的に他部署に顔を出して、仕事内容を教えてもらうのもおすすめです(車内で顔を売っておくのは意外に大切です)

自分の机に座っているだけでなく、自分から行動していくことで、将来仕事がしやすくなりますよ。

また、会社から言われなくても、会計や税務の勉強をしておくのも大事ですね。

-その他

Copyright© 経理転職のQ&A , 2020 All Rights Reserved.