その他

せっかく経理の職業訓練を受けたのに採用が決まらない男性へ【転職活動のポイント】

せっかく経理の知識を身につけようと職業訓練を受けたのに、なかなか就職が決まらない…。

私も経験があるのですが、職業訓練を受けても必ずしも採用につながるというわけではありませんよね。

せっかく時間と労力をかけて経理の講座を受けたのに、時間の無駄だったのか…」とがっかりする気持ちもあるでしょう。

未経験から経理を目指す場合には、他の職種に応募する場合とくらべて注意しておくべきポイントがいくつかあります。

この点を理解せずにやみくもに転職活動を進めてしまうと、「ものすごく頑張っているのに採用が全然決まらない…」と言うことにもなってしまいがちですから注意しましょう。

今回は経理未経験の男性の方向けに転職活動のポイントについて解説させていただきます。

職業訓練を受けた男性が経理採用に至りにくい理由

まず、経理職の求人案件は、転職市場の中では圧倒的に数が少ないということを理解しておきましょう。

特に、職業訓練を受けている人の多くは現在は職を離れている(ブランク期間中)というのが普通ですよね。

企業側としてはブランクが長い人は「うちもすぐに辞めてしまうのでは?」という不安を持っていることが多いですから、一般の転職活動者との競争になるとなかなか厳しい部分があるのです。

女性との転職活動での競争を避けよう

男性の経理職希望者が転職活動を成功させるためには、「いかに女性転職希望者とライバル関係にならないようにするか」が重要になります。

つまり「女性たちとは同じ土俵で戦わない」ということですね。

経理職がなぜ女性の方が採用されやすいかと言うと、企業が今後支払っていく給与を考慮した場合の事情が大きいです。

20代前半の女性や、もしくは結婚育児からの復職を目指す女性が転職活動する場合には「多少お給料が安くてもいいから、とにかく仕事につきたい」と言う人が圧倒的に多いです。

女性の場合、商業高校の出身者であれば簿記や電卓計算などにも慣れ親しんでいる人の割合が多いという事情もありますね。

職業訓練を受けた男性であっても本来は同じ評価を受けてもおかしくないはずですが、お給料面で折り合いがつきやすいのは女性というのが実際のところです。

企業側としても安い人件費で適性のある社員を簡単に確保することができるので、女性は採用に至りやすいというわけですね。

男性が経理転職を成功させる2つの方法

それなら男性の経理志望者はどうしたらいいのか?というところですが、以下では私が実際にうまく言った方法を紹介させていただきますね。

職業訓練を受けた男性の経理志望者の場合、選択肢は大きく分けて次の2つがあります。

 

  • ①派遣の経理事務で半年程度経験を積む
  • ②税理士事務所で経験を積む

 

以下でこの2つの選択肢について順番に解説させていただきます(私の場合は②のルートを選択しました)

①派遣の経理事務で半年程度経験を積む

上で、「経理の転職活動では、女性志望者とライバル関係にならないことが重要」というお話をさせていただきました。

そのためには、「実務経験者」として経理の転職活動をすることがポイントになります。

「自分には経理の実務経験なんてない。だから職業訓練を受けて頑張っているんだけど…」という男性もご心配なく。

実は、「経理の実務経験者」になることって、それほど高いハードルではないんです。

例えば、正社員ではなくても、派遣の経理事務の経験が半年程度ある人であれば、転職活動では経理経験者として扱ってもらうことができます。

経験者としての転職なら、男性が圧倒的に有利

経理経験者になると女性の志望者は極端に少なくなりますから、男性が採用競争で勝てる可能性がぐっと高くなります。

企業側の気持ちとしては、職場でメインの戦力として活躍してもらう人材には、できる限り長期間働いてくれる人を選びたいというのが本音です。

女性の場合は男性と比べてどうしても離職までの期間が短くなります。

この点で男性の方が選びやすいというのが企業の気持ちなんです(ハローワークなどからは男女雇用機会の均等をうるさくいわれるので、この本音は表には絶対に出しませんけどね)

経理事務は時給1700円〜など高単価なのも魅力

さらに、派遣の経理事務は実際に働き始めるまでの期間がものすごく早く、収入を得ながら次の転職活動に向けてじっくり準備ができるというメリットもあります。

派遣という形で企業側が求人を出す場合には、「1週間以内に働き始めてくれる人が欲しい」といったような背景であることが多いです。

派遣業務というのは業務がきちんとわけられていますから、職業訓練は受けたけれど、実務経験はまだないという方もマニュアルがきちんと準備されていて仕事に慣れていきやすいという面もありますね。

少しでも早く経理正社員として採用されたい、という方は「紹介予定派遣」の経理事務派遣に登録してみるのも一つの手です。

紹介予定派遣というのは、半年間は試用期間として派遣社員として働くけれど、その後には正社員としての登用が前提になっている求人形態のことですね。

派遣の経理事務時給も1700円〜と条件の良いものがたくさんありますから、今すぐお金を稼ぎながら実務経験を積み始めたいと考えている方にはぴったりだと思います。

>>時給1700円〜多数あり!経理事務の派遣をお探しならこちら

②税理士事務所で経験を積む

税理士事務所で未経験から正社員として働くというのもおすすめです(これは私が選択した方法です)

「税理士事務所なんて、税理士資格がないと働けないんじゃ?」と思った方もひょっとしたらおられるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

税理士事務所で働いている人たちは8割以上が未経験(職業訓練のみなど)の人たちです。

多くは税理士試験の勉強と同時進行で、税理士の実務を勉強するために働いている人たちですね。

税理士を目指していない人も採用される可能性大

もちろん、税理士試験を最終的に目指すかどうかは自由です。

むしろ、税理士事務所としては「税理士を目指していない人」はありがたい存在だと思っているのが実際のところなんです。

というのも、税理士資格を取ったら独立して辞めて言ってしまう人が多く、担当していたお客さんを独立後の顧客として引き抜いて言ってしまうようなケースもあるからなんです。

税理士事務所ではどんな仕事をするの?

税理士事務所での仕事は一般的な経理の仕事に比べるとややハードではあります。

税理士の仕事というのは、主に中小企業をお客さんにして、経理のチェック業務決算や税務申告の代理を行なっています。

当然、一般的な経理スタッフとしての仕事よりも難易度は高くなりますが、職業訓練校で経理の基本的な知識を理解している人であればスムーズに業務に慣れていけますよ(私はそんなに勉強ができるタイプではありませんが、まったく大丈夫でした)

税理士事務所では決算や税務申告についての多くの経験を積むことができますし、もし税理士の仕事に興味があるという方はそのまま税理士を目指して勉強を始めても問題ありません。

税理士事務所で働いている人はほとんどが未経験スタートで、男性が圧倒的に多いというのも経理志望の男性が選択肢として選びやすいポイントと言えますね。

経理事務の仕事に転職したい!運転免許がなくても大丈夫?

「経理事務の仕事に転職したいけど、運転免許がない…」こんな不安を抱えていませんか?

経理事務の仕事の多くは運転免許がなくてもできる内容ですが、勤める会社や地域によっては運転免許が必要な場合もあります。

今回は、経理事務の仕事に転職を目指している人向けに、運転免許がなくても転職できるのかを説明させていただきます。

運転免許が必要か募集要件を確認しよう

経理事務の仕事に転職するのに、運転免許は必要なのでしょうか。まずは募集要件に運転免許が含まれているかを確認してみましょう。

募集要件にあれば必須

経理事務の仕事に転職する場合、応募企業の募集要件に「普通自動車免許」と書かれているかを確認しましょう。

募集要件に含まれている場合は、その企業に勤務するには運転免許が必要だという意味です。

経理事務の仕事の多くは運転免許がなくてもできる内容ですが、勤務先や地域によって事情は異なります。

もし、運転免許を持っていなくても採用試験を受けたい場合は、企業に問い合わせてみましょう。

入社まで、もしくは入社数か月以内に取得することを条件に、試験を受けさせてもらえる可能性もあるからです。

都内勤務なら必須じゃないこともある

地方の会社に勤める場合は、運転免許が必要な場合がほとんどです。

通勤に車が必要な場合が多く、経理事務の場合は銀行などに出かけることもあるからです。

しかし、東京都内や大都市圏の会社に勤める場合は、運転免許が募集要件に含まれない場合もあります。

特に東京23区内などで、電車移動が中心の場合は免許がなくても支障がないことが多いでしょう。

経理事務の仕事で運転免許が必要な場面とは

経理事務の仕事で運転免許が必要になるのは、どんな場面なのでしょうか。運転免許が募集要件に含まれる理由を確認してみましょう。

金融機関や税務署に出かけるとき

経理事務の仕事では、金融機関や税務署に出かけることがあります。

東京23区内など、電車で移動できる地域は別ですが、地方の場合は車が必要な地域が多くあります。

徒歩や自転車で通勤できても、勤務先から金融機関や税務署が遠い場所にあると、どうしても車が必要です。

そのため、運転免許が募集要件に含まれるのです。

雑務で運転が必要になることもある

規模が小さい会社の場合、経理が総務や人事の仕事を兼務していることもあります。

そのため、勤務先によっては、消耗品購入や行政への手続き、お客様の送迎など、経理事務以外の仕事を頼まれることもあります。

会社で仕事をすると、運転する機会は意外とあるものです。

募集要件にもよりますが、運転免許はないよりはあったほうがよいでしょう。

まとめ

経理事務の仕事への転職で運転免許が必要かは、まずは募集要件を確認しましょう。

要件に運転免許が含まれていれば、基本的には必要です。

そして、経理事務の仕事には金融機関に出かけるなど、勤務先や地域によっては車の運転が必要なこともあります。

ないよりはあったほうが有利なので、免許を持っていない人は取得を目指してみてはいかがでしょうか。

転職を希望する企業や住んでいる地域を考慮して検討してみてください。

-その他

Copyright© 経理転職のQ&A , 2020 All Rights Reserved.